> > > てんこ盛り 貸株キャンペーン 金利最大10倍!

てんこ盛り 貸株キャンペーン 金利最大10倍!

2017年10月2日~2017年12月24日の間、以下の銘柄の金利が最大10倍!

10~12月に権利確定日が到来する銘柄が対象となります。

貸株サービスは、お手持ちの株式を当社に貸すだけで金利がもらえる、いわば「株式版の銀行預金」ようなサービスです。お客様が保有する株式をGMOクリック証券に貸し出すことで、相応分の金利が支払われます。

キャンペーンの概要

キャンペーン期間 2017年10月2日(月)~2017年12月24日(日)
対象となるお客様 貸株サービスをご利用のすべてのお客様
キャンペーン内容

キャンペーン期間中、貸株対象銘柄のうち日経225銘柄、10~12月に権利確定日が到来する銘柄(株主優待銘柄)、ETF・REITの金利を最大で10倍に引き上げます。

  • 貸株金利は、原則として週次(マーケット動向によっては随時変更)で見直しを行い、更新いたします。
  • 金利は最大10倍とし、1%を上限とします。
    (通常時の貸株金利が1%を超える銘柄についてはキャンペーンの対象外。)
注意事項
  • 金利の計算方法の詳細については「貸株サービスルール」をご覧ください。
  • 本キャンペーンは、当社の都合により予告なく変更、延長または終了することがございます。
  • 優待の取得に長期継続保有の条件がある銘柄については、権利確定日だけでなく権利基準日も、株主権利取得のため自動で貸株設定の解除が行われます。
    (解除期間中、貸株金利は付与されません。)
  • 株主優待自動取得サービスでは東洋経済新報社から提供を受けた情報を元に権利基準日を設定しておりますが、臨時株主総会での権利確定など、必ずしもすべての権利基準日に対応しているとは限りません。また、貸株期間中は株主権利が移動しているため、権利基準日に株主権利を取得しても、株主番号の連続性が途切れ、保有期間の継続とならない(長期継続保有の条件に該当しない)場合もございます。
  • 長期継続保有の条件がある優待銘柄についてはご自身で発行会社へご確認していただき、貸株設定の解除指示を行っていただくようお願いたします。
  • 株主優待銘柄に関しましては、東洋経済新報社提供のデータを元に当社が決定しております。銘柄決定のタイミングで実際と差異が発生する場合がございます。
  • キャンペーン対処銘柄は当社が決定しており、期間中でも廃止・変更する場合がございます。
  • キャンペーン対象銘柄につきましては、「対象銘柄 詳細はこちら」のリンク先に示された銘柄が対象となりますのでこちらをご参照ください。

GMOクリック証券で貸株サービスをはじめよう

証券取引口座をお持ちのお客様
今すぐ貸株サービスのお申込み
FX専用口座をお持ちのお客様
ログイン
FX専用取引口座をお持ちのお客様は【マイページ】-【トップページ】より、証券取引口座[口座開設]ボタンより、まず、証券取引口座開設をお申込みいただき、証券取引口座開設完了後、貸株サービスの開設手続きをお願いいたします。
まだGMOクリック証券に口座をお持ちでないお客様
今すぐ証券取引口座開設

株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。
信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金 額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。 お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。

貸株サービスに関するご注意

貸株サービスご利用にあたり当社と締結いただく契約は「消費寄託契約」であり、無担保契約になります。したがって、お客さまは当社が倒産した場合などの信用リスクを負うことになります。貸出先に万一のことがあり、株券が返却されない場合、当社があらかじめ貸出先から確保している担保で株券を調達し、お客さまが貸出していた株券をすべて返却いたします。しかしながら、その場合でも返却が難しい場合には、基本契約書に定められた遅延損害金としてお客さまにお支払をすることになります。その場合には、株主として得られる権利(株主優待、議決権等)に相当する内容は、その保証対象とはなりませんので、あらかじめご了承ください。
お客さまが貸出す株券は通常の保護預りとは異なり、証券会社が自社の資産とお客さまの資産を区別して管理する分別管理の対象とはなりません。したがいまして、当社が倒産した場合などに投資者保護基金による保護の対象とはなりません。
権利確定日にお手持ちの株券を貸株に出されている場合、株主優待や総会での議決権、および株主提案権等の権利を受取れません。

ページの先頭へ