ホーム > サービスガイド > 外国債券取引 税制改正について

外国債券取引 税制改正について

外国債券取引 税制改正について
〜 2016年1月より、税率一律20.315%(※)の申告分離課税へ変更されます 〜

2016年1月1日から、「金融所得課税の一体化」に向けて、債券・公社債等の税制改正が行われます。

これにより、当社で取り扱う外国債券の売買益・償還差益および利子が、申告分離課税20.315%(※)の対象になります。また、外国債券と国内上場株式等の譲渡所得や配当金等の配当所得との損益通算や、最長3年間の損失繰越控除の適用が可能となり、外国債券が特定口座での管理の対象となります。

申告分離課税 税率は一律20.315%(※) 

  税制改正前
(2015年12月31日まで)
税制改正後
(2016年1月1日以降)
当社特定口座の対象商品 国内上場株式等 国内上場株式等、外国債券
外国債券の売買損益・償還差損益および利子と株式等との損益通算 不可 可能
外国債券の利子 源泉分離課税20.315%(※) 申告分離課税20.315%(※)
外国債券の売買損益 非課税
外国債券の償還損益 総合課税(雑所得、累進税率)

※所得税15.315%(うち復興特別所得税0.315%)+住民税5%

〜2016年1月1日より、外国債券が特定口座で管理できるようになりました〜

一般口座で保有している外国債券の特定口座への入庫をご希望されるお客様につきましては、必要書類を発送いたしますので、当社コールセンターまでご連絡くださいますようお願いいたします。
※制度上、2015年中までに購入した分については、2016年中のお手続きであれば特定口座への入庫が可能です。

書類がお手元に届きましたら、内容をご確認いただき、必要事項をご記入のうえ、当社へご返送くださいますようお願いいたします。

▽外国債券取引 取引ルールの変更について
https://www.click-sec.com/corp/news/info/20151222-02/

▽特定口座に関する「よくあるご質問」はこちら
https://faq.click-sec.com/category/show/82?site_domain=default

国内上場株式等と損益通算が可能

損益通算とは、ある商品の取引で発生した利益から、その他の商品で発生した損失を控除することをいいます。

これまでは外国債券取引で発生した利益と国内上場株式等の取引で発生した損失を損益通算することはできませんでしたが、今回の税制改正の適用により、 2016年1月1日以降に行われる外国債券取引で発生した利益と国内上場株式等の取引で発生した損失を損益通算することが可能になります。

※損益通算を受けるためには、損益が発生した年について確定申告が必要になる場合があります。

ある年に外国債券取引で100万円の利益が発生し、
国内上場株式等との取引で20万円の損失が発生したケース

税制改正前
(2015年12月31日まで)
税制改正後
(2016年1月1日以降)

3年間の損失繰越控除が可能

これまで外国債券の売買損益または償還損益がマイナス(損失)となった場合、翌年以降に繰り越すことができませんでした。

今回の税制改正の適用により、2016年1月1日以降に行われる外国債券で発生した損失は、その翌年以降の最長3年間に渡り、株式取引等との取引で発生した利益から、この損失額を控除することが可能になりま す。

※損失の繰越控除を受けるためには、損失が発生した年について確定申告を行い、その後も継続して確定申告を行う必要があります。

詳しくは、管轄の税務署または国税局タックスアンサーのホームページをご確認ください。

注意事項

本内容は2015年8月現在の情報に基づき作成しておりますが、今後、法令・制度等の内容は変更または廃止される可能性があります。

ページの先頭へ