証拠金制度について

株式先物取引、株価指数オプション取引は、決済の履行確保のため、お客様が証券会社に「証拠金」という「担保」を預けることにより取引を行います。このような取引を「証拠金取引」といいます。「証拠金取引」では小額の資金で大きな金額の取引を行うことができます。

現在、証拠金所要額の計算には、シカゴ・マーカンタイル取引所が開発した「SPANシステム」が採用されています。
SPANとは、The Standard Portfolio Analysis of Riskの略で「全体の取引状況」から将来生じる恐れのある「リスク」をシミュレートして計算しています。「全体の取引状況」の有する価格変動リスクを考慮するため、異なる限月間や先物・オプション間など、様々な「リスクの相殺」が認められています。このため、より合理的、効率的に証拠金が計算されます。

また、オプション取引の「買い」では証拠金は必要なく、プレミアム分を支払うだけで取引が可能です。一方、オプション取引の「売り」では、先物取引同様SPANシステムによって計算した証拠金が必要になります。

レバレッジイメージ

ページトップへ