サーキット・ブレーカー制度

サーキット・ブレーカー制度とは、中心限月取引の先物価格が極端に変動した場合、冷静な判断の機会を設けるため、取引所が取引を一時中断する措置です。

以下の発動条件を満たした場合に、サーキット・ブレーカーが発動し、先物取引の全限月取引、対象指数が同一のオプション取引の全限月取引・全銘柄の取引が10分間以上中断します。

  サーキット・ブレーカーの発動条件
1 中心限月において、制限値幅の上限(下限)値段に買呼値(売呼値)が提示された場合(取引が成立した場合を含む)
2 その後1分間以上、制限値幅の上限(下限)値段から一定値幅の範囲外の値段で取引が成立しない場合

中断後は、サーキット・ブレーカーの発動状況に応じて制限値幅が段階的に拡大され、取引が再開されます。
拡大措置が講じられた後も価格変動が大きい場合には、さらに制限値幅が段階的に拡大されます。

なお、同一取引日の間に制限値幅の上限(下限)値幅を2回拡大した後、再度発動条件に該当した場合、日中立会及び夜間立会のザラバ終了時刻から20分前以降に発動基準に該当した場合、取引状況等を勘案し、取引所が取引の一時中断を行うことが適当でないと認める場合には、中断措置は行われません。

サーキットブレーカー制度についての詳細は、日本取引所グループWEBサイトをご確認ください。

ページトップへ