> > > FXの「レバレッジ」とは

FXの「レバレッジ」とは

FXの用語でよく出てくる「レバレッジ」って何ですか?

レバレッジとは日本語で「てこ」のことをいいます。
FXにおけるレバレッジとは、少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能にするしくみのことを指します。
証拠金と実際に通貨を買う(売る)金額との割合により、レバレッジの倍率は変わります。

例えば、300万円の取引を行う際に、100万円を証拠金としていた場合のレバレッジは3倍となります。

「レバレッジ」の注意事項

少ない元手で大きな金額の取引ができる半面、為替レートが予想に反して変動した場合、大きな損失が発生する危険があります。
レバレッジが大きな状態で損がでると、証拠金が減少し、追加証拠金の発生やロスカットになるリスクも大きくなります。

ページの先頭へ