はじめての信用取引

現物取引と信用取引を組み合わせる「つなぎ売り」でお得に優待獲得!

人気の優待銘柄の場合、権利付最終日に向かって株価が上がりやすくなり、権利落ち日以降は、株価を売却する顧客が多いため、株価が下がりやすくなる傾向があります。そのため、優待獲得のために現物株式を購入しても、権利日前後の値動きにより、思わぬコストが発生してしまう場合があります。

現物取引で優待を取る場合

10,000円相当の優待を獲得するために1,500円の株式を100株を購入した場合の例:

1,500円で株式を買ったが、権利落ち後の値下がりで売却損が10,000円発生
 ⇒ 売却損が発生してしまい、結果的に株主優待獲得のメリットが得られない場合も

現物株式の買付 ⇒ 売却 1,500円−1,400円=−100円×100株=−10,000円 + 優待(10,000円相当)費用:株式の買付・売却手数料

「つなぎ売り」で優待を取る場合 (現物取引と信用取引を組み合わせる)

10,000円相当の優待を獲得するために1,500円の株式を100株を購入した場合の例:

1,500円で株式を購入し、信用売りで同じく1,500円の「売り」建玉を建てる権利落ち後の値下がりで売却損が10,000円発生するも、信用売り建玉の決済利益で損を相殺
 ⇒ 価格変動による損を負担せずに、結果的に株主優待を獲得!

現物株式の買付 ⇒ 売却 1,400円−1,500円=−100円×100株=−10,000円 + 信用の新規売建 ⇒ 返済 1,500円−1,400円=+100円×100株=+10,000円 + 優待(10,000円相当) 費用:株式の買付・売却手数料+信用取引の新規・決済手数料+貸株料 ※現渡で決済する場合は決済手数料0円

つなぎ売りをやってみよう

一般信用売り銘柄の一覧はこちら(ログイン)

もっと詳しく!
予備知識

最短1分でお申し込み完了

かんたん口座開設申込はこちらから

口座開設(無料)

ページトップへ