貸株サービスの特長

貸株サービスとは

長期間保有していてそのままになっている株や、信用取引で必要保証金に利用している株以外の株はありませんか?
貸株サービスとは、お客様が保有している株をGMOクリック証券に貸し出すことで、レンタル料として金利を受け取ることができるサービスです。貸株サービスを活用して賢く株を運用しましょう!

  • ボーナス金利の銘柄が多数!
  • 株主優待自動取得サービスで、株主優待もしっかり取得!
  • いつでも売却可能!
  • 信用口座をお持ちのお客様もサービスご利用可能!

貸株サービスのお申し込みはこちら!

特長1 ボーナス金利の銘柄が多数!

GMOクリック証券の貸株サービスでは金利1%以上のボーナス銘柄を多数取り扱っています。

1%以上の
ボーナス銘柄
貸株金利は毎週更新
(11/30時点)
10%以上の銘柄も!
658銘柄

【受け取ることができる金利の具体例】
例えば、100万円分の株式を1年間貸株に設定すると・・・

貸株金利1.0%の場合
100万円×1.0%=10,000
貸株金利5.0%の場合
100万円×5.0%=50,000
貸株金利10.0%の場合
100万円×10.0%=100,000

貸株サービスを利用することで、
配当+株主優待+売却益+貸株金利
の4つの収益を受け取ることができます!
※株主優待を取得するには、優待自動取得サービスを併用する必要がございます。

最新の金利一覧はこちら!

特長2 株主優待自動取得サービスで、株主優待もしっかり取得!

株主優待自動取得サービス(優待優先コース)を利用すれば、貸株サービス利用中でも株主優待を自動で受け取ることができます。

株主優待自動取得サービス(優待優先コース)とは

株主優待の権利付最終売買日の前に自動で貸株が一旦解除され、株主優待の権利を受け取ることができます。

株主優待自動取得サービスについて詳しくはこちら

特長3 いつでも売却可能!

貸株中の株式はいつでも売却が可能です。
ご面倒な手続きは必要なく、売却のタイミングを逃しません。

  • 売却した銘柄(口座区分ごと)については全数量が一度貸株から解除されます。
    信用取引口座開設済のお客様は再度貸株設定を行う必要がございますので、ご注意ください。
貸株サービスの活用方法についてはこちら!

貸株サービスのお申し込みはこちら!

特長4 信用口座をお持ちのお客様もサービス併用可能!

信用取引で余っている代用有価証券はありませんか?貸株に設定することで貸株金利を受け取ることができます。
信用取引と貸株サービスの併用で賢く資産運用ができます!

  • 代用有価証券のみで取引しているケース
  • 信用建玉金額の必要保証金にあたる代用有価証券は引き出しできません。
  • 貸株をしている状態で、保証金維持率が30%を割った場合でも自動で貸株の解除はいたしません。
信用取引と貸株サービスの併用でより高い収益を目指すことができます!

GMOクリック証券の信用取引の特長

貸株サービスの仕組み

お客様が保有する株式を当社が借り受け、機関投資家等に貸し出すことで、貸し出した株式に応じた金利をお受け取りいただけるサービスです。

貸株金利の付与について

貸株設定の申込後、信用口座未開設のお客様は翌営業日、信用口座開設済のお客様は3営業日後に株式が貸株に設定され、金利が付与されます。

金利の計算方法

  • 金利の計算は銘柄は銘柄ごとの前営業日の終値・気配値を元に年率で日々計算されます。前営業日の終値・気配値が存在しない場合は、前営業日以前の直近の終値・気配値で計算されます(終値が優先されます)
  • 銘柄ごとに日々計算した金利は小数点第3位以下を切り捨て、月額の合算を円未満で切り捨てた金額を毎月20日(営業日でない場合には前倒し)に証券取引口座へ入金します。
貸株金利の付与タイミングについてはこちら!

貸株サービスのお申し込みはこちら!

貸株の解除について

解除申込から2営業日後に貸株が解除されます。解除に関しては銘柄、口座区分ごとに、全数量の解除のみ受付いたします。

信用口座開設済みのお客様への注意事項
保証金維持率が35%以下になる場合には貸株設定の申込ができません。
また、申込が完了し、引け後の再計算で保証金維持率が35%以下の場合もしくは当日から5営業日までの間に必要保証金を1日でも下回る場合、不足金が発生する場合には、貸株設定の申込はキャンセルされます。
貸株設定の申込をした株式が代用有価証券だった場合、貸株設定の申込当日より、その評価額について受入保証金から差し引いて計算がされます。

貸株サービスのよくあるご質問

Q貸株サービスとは何ですか?
Q貸株をしている間、株主優待、配当金、議決権はどうなりますか?
Q貸借料(金利)はどのように支払われますか?
Q貸株中の銘柄の売却はできますか?
Q貸株サービスは確定申告が必要ですか?

ページトップへ