貸付型クラウドファンディングとは

貸付型クラウドファンディングとは?

貸付型クラウドファンディングとは、
「資産運用をしたい投資家」と「資金を必要とする企業」をインターネットを通じて結びつけるサービスです。
投資家がクラウドファンディング運営会社を介して資金を必要とする事業者へ資金を貸付け、分配金を受け取るという仕組みの新しい投資商品です。
「貸付型クラウドファンディング」は、新しい資産運用として、ここ数年で大きく資金流入が拡大している注目の投資市場です。

貸付型クラウドファンディングのしくみ

貸付型クラウドファンディングの市場規模と高い成長性

世界におけるクラウドファンディング市場規模

世界におけるクラウドファンディング市場はアメリカやヨーロッパを中心に拡大しており、主に「貸付型」「寄付型」「購入型」に分類されています。

約3.5兆円と推定されている世界のクラウドファンディング市場(2015年度)の中でも貸付型の占める割合は7割近くになる程に成長しています。

「貸付型のクラウドファンディング」は成長を続けるクラウドファンディング市場におけるけん引役となっています。

日本国内におけるクラウドファンディング市場規模

日本においても貸付型クラウドファンディング市場が大きなシェアを占めています。2015年度では推計約322億円(※1)となっており、世界市場と同様に高い成長率を誇ります。
今後も市場規模は拡大していくと予測されています。

  • ※1矢野経済研究所(2016年版国内クラウドファンディングの市場動向)
まだ当社口座をお持ちでないお客様
今すぐ口座開設
証券取引口座、FX専用口座をお持ちのお客様
はじめてのmaneo(貸付型クラウドファンディング)

ページトップへ