投資を行う際のポイント

maneoに投資するポイント

分散投資が重要

maneoにはリスクに応じて様々な商品を用意しています。
リスク分散の意味でもなるべく細分化して投資を行い、ご自身のポートフォリオを作ることが重要です。ご自身で内容を吟味し、投資案件を分散させることによってデフォルトリスクの分散を行う事が大切です。
利回りの高い商品はリスクも高いと言う事も理解して、どんな案件に投資していくのかを決定しましょう。

ローンファンドを選ぶときの商品性

  • 担保の有無

    担保があるのかどうか。どの程度の評価額なのかを見ることが重要です。

  • 保証の有無

    中には上場会社等の保証が入った商品も存在します。
    融資先への融資金保証会社が保証してくれるため、貸し倒れのリスクが低くなります。

  • 案件の概要

    どういった担保があるのか、地域はどこか、何に使う資金なのかを見ることが出来ます。

  • 期間

    案件によって3〜36カ月と期間も様々です。

  • 目標利回り

    リスクの度合いによって目標利回りが異なります。短期間に大きな金額が必要なケースやキャンペーン時には良い利回りの商品が出るタイミングもあります。

こんなタイプの人にはこんな投資がオススメ

安定重視型タイプ(maneo取引では比較的低リスク)

保証会社と担保が付いている商品の目標利回りは保証会社と担保が付いていない他の商品に比べると低めですが、担保や保証の内容の安全度がより高いと判断される商品が中心となっています。
保証会社、不動産担保両方が付いている商品もありますので、利益より安全性を求める投資家の方はこちらをどうぞ。

  • 担保の内容によっては換価処分にかなりの時間を要する場合がございます。

利益重視型タイプ(maneo取引では比較的高リスク)

保証会社と担保が付いていないものの目標利回りが高めに設定されている商品やmaneoの虎の商品などは資金の緊急性が高かったり(早期に資金調達が必要)、保証会社と担保が付いている商品と比較すると担保の保全余力が低いため、より高い目標利回りとなっています。
また数は少ないですが、不動産担保がなかったり、不十分であるがキャッシュフローから返済余力があると判断される企業向けの商品である「maneoの虎」は10%と高い目標利回りの商品となっています。

バランス重視型タイプ

高い目標利回りと安全性をバランスよく取り入れたい方はこちらです。
様々な商品に幅広く投資することによってリスクを抑えた上で、期待利回りの高い商品もポートフォリオに入れていきます。
具体的には保証会社付、担保付の案件を中心に分散投資しつつ、キャンペーン商品やmaneoの虎等の高い目標利回り商品もポートフォリオに入れることによりトータルでの収益増を狙います。

まだ当社口座をお持ちでないお客様
今すぐ口座開設
証券取引口座、FX専用口座をお持ちのお客様
はじめてのmaneo(貸付型クラウドファンディング)

ページトップへ