maneoの予備知識

maneoでよく使われる用語を解説

匿名組合出資契約とは?

商法に基づく契約形態で、営業者と一人一人の投資家がインターネットで交わす契約です。

−具体的にどういうこと?−

■投資家が投資したローンファンドで営業者が利益を上げた場合(つまり、借り手が元本と利息を返済した場合)、その利益の一部を投資家に配当します。

■営業者が利益を上げられなかった場合(借り手が貸し倒れ営業者が資金の回収ができなかった場合)、その損失を投資家が被る事になります。

利回りとは?

(1年間の分配金の合計額÷購入金額)で算出された割合が利回りです。
目標利回り5%の商品で運用期間が6ヵ月であれば実際受け取れる分配金は購入金額の約2.5%相当となります。

保証とは?

借り手が返済できなかった場合、代わりに残りの債務額を保証する会社を保証会社といいます。
maneoでは保証能力があると思われる法人の保証がある商品を保証付としています。

保証人・保証会社とは?

借り手が返済できなかった場合、代わりに残りの債務額を支払う人・法人です。

保証会社付き安心ファンドとは?

不動産担保を売却・処分して、なお借り手と連帯保証人から元本と利息が回収できていない場合は、別の会社が代わって残りの債務額を支払うローンファンド。
保証会社は保証する能力があるとmaneoが判断した会社。
不動産担保も保証もついているため、投資家が損するリスクが軽減されている。

担保とは?

借り手がお金を返済できなかった場合、元本を回収するために売却・処分することができる借り手の資産です。maneoの商品の担保の多くは不動産で、中には売掛債権等も担保となる事があります。
不動産担保には、万が一の場合を想定して、余裕を持って投資家の大切なお金が回収できるように抵当権または根抵当権を設定します。

抵当権・根抵当権とは?

借り手が返済できなかった場合、貸し手が他の債権に先立って自己の債権の弁済を受ける権利です。
抵当権は、借り手からお金がすべて返済されたら抹消される(外される)もので、特定の債権に結びつきます。
根抵当権は、特定の債権に結びついておらず、不特定の債権を極度額の範囲で担保として設定します。継続的に借り手が貸し手からお金を借り入れる場合に用いることが多くなっています。

担保:第◯順位とは?

借り手が不事業者の担保につける抵当権の順位です。
担保物件を現金化せざるを得なくなった場合に、担保物件の売却・処分から得る現金を受けることが出来る順番。第1順位は第2、第3順位などよりも優先して弁済を受ける事が出来ます。

公正証書とは?

借り手が返済できなかった場合、裁判所を経ずに借り手の担保物件をすぐに売却・処分することを可能にする証書。担保物件を競売にかけずに済むため、速やかに投資家の元本回収に動くことができる。

質権とは?

質権とは、貸し手が債権の担保として借り手の物(権利や実物:第三者の物であることもある)を受け取って、借り手が弁済するまでこれを手元に置き、弁済しない場合はその物から優先的に弁済を受けることの出来る権利です。

タス評価(TAS評価)とは?

トヨタグループの会社による不動産の評価方法。
大量の不動産取引事例の情報を元に、不動産の価値を見積もることができる。
業者へのヒヤリングとともに参考にすることが多い。

流動性とは?

資産をどれだけすぐに現金に換えられるかどうかを表す指標。
不動産の場合は、都心部等で人気のある物件は流動性が高く、地方や諸条件に問題のある物件は流動性が低いと言える。

まだ当社口座をお持ちでないお客様
今すぐ口座開設
証券取引口座、FX専用口座をお持ちのお客様
はじめてのmaneo(貸付型クラウドファンディング)

ページトップへ