CFDとは

CFDは一つの口座で
世界中の資産に投資が出来る金融商品

世の中には、数多くの金融商品が存在します。それは、それだけ多くの投資機会があることを意味しています。
株式・外国為替・原油・金など様々な資産の相場が、年間を通じてニュースや経済的事象により変動します。
CFDなら、たった一つの口座で、あらゆる資産に幅広く投資が可能です。
為替や株価指数のようによく目にするものから、外国株式や商品(原油や金など)のようにグローバルなものまで、様々な資産に投資することができます。
CFDは、世界中の投資チャンスにアクセスしやすい金融商品とも言えるかもしれません。
あらゆる資産に、幅広く投資が可能

CFDの仕組みって ? CFDの仕組みはFXと同じ!
キーワードは「差金決済取引」と「証拠金取引」

CFDはContract for difference の略で、「差金決済取引」を指します。
差金決済取引とは、「差額だけをやり取りする」取引。
利益が出たら利益分のみ受け取り、損失が出たら損失分のみを支払う形で取引を行います。

差金決済では、担保として「証拠金」を預けることにより、取引したい金額を全額用意することなく取引ができます。
これを「証拠金取引」と呼びます。
つまり、手持ち資金よりも大きな金額で取引可能ということです。
もちろん、手持ち資金内での取引も可能ですのでご安心ください。

CFDの仕組み

閉じる

CFD取引の魅力

取引手数料

CFDでは取引手数料が発生しません。
好きな時に、好きなだけ取引することができます。
取引手数料完全無料

少ない資金ではじめる

証拠金取引を活用し、少ない資金から取引可能です。
また、先物取引に比べ、小口で始められるのも魅力です。
単位が大きすぎて先物取引を悩んでいる方、株価指数や商品(原油、金など)への投資が初めての方にもおススメです。
少ない資金から取引可能
最低必要証拠金
原油 約1,200円
日本225 約20,000円
米国30 約25,000円
米国NQ100 約91,000円
米国S500 約30,000円

※2020年4月売買ランキング1位から5位を掲載 最低必要証拠金額は2020年4月の平均値となります。※当社調べ
最低必要証拠金額は相場の状況や為替レートにより変動いたします。

ライフスタイルに合わせて

CFDは、ほぼ24時間取引可能。
最長で月曜日〜金曜日の午前8:00~翌午前7:00まで取引することができます。
(※米国夏時間は、月曜日〜金曜日の午前7:00~翌午前6:00まで)
夜間も日本の祝日も取引可能なため、ライフスタイルに合わせて取引ができます。

※取引時間は銘柄によって異なります。

最長で月曜日〜金曜日の8:00〜翌6:45まで ほぼ24時間取引可能

売りから始める

CFDでは、売りから取引を始めることができます。
そのため相場の下落局面でも利益を上げることができます。
安いところで買って、高く売る 高い所で売って安く買い戻す

閉じる

代表的な銘柄

不動の人気銘柄「日本225」

「日本225」は、日本を代表する225社の株価から算出されるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、シンガポール証券取引所(SGX)に上場された株価指数の先物を参照原資産としたCFDです。
CME・SGX・JPX各3市場における日経平均先物の取引時間をすべて網羅しており、ほぼ24時間取引可能なのが最大の魅力です。
値動きに関しても、原油などと比較すると小さい傾向があるものの、米国など主要先進国の株価指数先物の中では大きい傾向があります。
「日本225」 レバレッジ10倍

世界中が注目する「米国30」

「米国30」は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場されているダウ先物ミニが参照原資産となっているCFDです。
ダウ平均株価は、アメリカのNY証券取引所とNASDAQに上場している、様々な業種を代表する30社の株価から算出されている株価指数です。世界一の経済大国であるアメリカを代表するような30社から構成されているため、世界を代表する株価指数として、世界中の投資家から注目されています。
代表的な指標のため、情報入手がしやすく、取引が始めやすい銘柄とも言えます。
「米国30」 レバレッジ10倍

世界的に活発に取引される「原油」

「原油」は、世界で最も活発に取引される商品先物、オクラホマ州クッシング受渡の国際原油指標であるWTI原油先物を原資産とした人気銘柄。
原資産を取引する場合、証拠金は概ね約2,500ドル程度(約定代金約52,000ドル)と敷居が高く感じると思います。
しかし、当社CFDであれば、約3,300円程度の小口から取引可能です。
少額から投資を始められることが、CFDで原油投資をする魅力の一つです。
「原油」 レバレッジ20倍
GMOクリック証券
原油(CFD)
国内ネット証券A社
WTI原油先物
国内先物A社
東京原油先物
取引手数料 無料 約707円 約4,180円
単位 バレル バレル キロリットル
最低必要証拠金 約1,200円 約1,019,700円 約360,000円
取引単位 CFD価格の10倍 先物価格の1,000倍 先物価格の50倍
レバレッジ 20倍 約1.98倍 約2.8倍

※2020/5/11当社調べ 最低必要証拠金額は2020年4月の平均値となります。
最低必要証拠金は相場の状況や為替レートにより変動します。

有事の金「金スポット」

「金スポット」は、外国為替取引のように、ほぼ24時間相対取引が行われているロコ・ロンドン・スポット市場の金価格を参照原資産とするCFDです。
TOCOM(東京商品取引所)金先物の取引時間に中断がある一方、当社金スポットは中断もなく連続して取引が可能です。
値動きは日本225や原油などよりも小さい傾向があり、他のメタル系(銀、銅、白金など)の中でも小さい傾向があることから、取引し易い銘柄と言えます。
参考までに、一般的にインフレだと金価格は上昇しやすく、逆にデフレだと下落しやすい傾向があります。また、地政学的リスクが高まると、現物保有のニーズが高まり、金などの現物資産が買われやすいという傾向があります。
  「金スポット」 レバレッジ20倍

幅広い銘柄をラインナップ!

ETF・ETN、有名な世界的企業の外国株、等にも投資いただけます。
銀や天然ガス、香港やドイツ等の指数先物を原資産とした銘柄もあります。
株価指数
日本225 / 米国30 / 上海A50 / ドイツ30
商品
原油 / 金スポット / 銀スポット / 天然ガス
ETF、ETN、REIT
原油ブル2倍ETF / 米国VIブルETF / 米国30ブル3倍ETF / グローバル不動産ETF / オーストラリア株式指数ETF / ロシア株式指数ETF
米国株、中国株
Amazon / デルタ航空 / テスラ / ネットフリックス / ボーイング / Alphabet(旧Google) / エクソン・モービル / Apple / マイクロソフト / Facebook

米国株、中国株2020年4月度売買代金ランキング上位10銘柄(当社調べ)

閉じる