取引のしくみ、レートの見かた

取引の流れ

FXは買った通貨を売る、または売った通貨を買い戻すシンプルな取引です。

※ニューヨーククローズをまたいだ場合

まずは、レートをチェックしよう!

通貨の値段のことをFXでは「レート」といいます。
レートは取引時間中、リアルタイムに変化をしています。このレートの流れをみて、注文内容を決めます。

GMOクリック証券ではリアルタイムレートやチャート、関連ニュースが一目で確認できるツールがあるよ

ツール一覧はコチラ!

レートの見方「BID(ビッド)」「ASK(アスク)」

FX取引では、売り注文のことを「BID(ビッド)」、買い注文のことを「ASK(アスク)」といい、両レートの差を「スプレッド」といいます。
スプレッドは、お客様が通貨を取引する際のコストのようなものです。

BID/ASKのレートは、テレビでも見かける身近なものだね!

※スプレッドは完全固定されたものではございません。例外的に、市場の急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、スプレッドが拡大する場合があります。

※上記スプレッド値は、通常モード(1度の注文上限が100万通貨までのモード)の米ドル/円のスプレッドを使用しています。大口モード(Exモード)の場合は、通常モードとスプレッドが異なります。

身近な為替でBID(売)とASK(買)の値と価格差がわかります。

<ニュース番組では…>

午前○○現在の東京外国為替市場は1ドル123円45銭から49銭の間で取引されています。

早わかりキーワード

FX専用口座もあります!口座開設