注文入力時のご注意

金融商品販売法に係る重要事項のご説明

当社で取扱う金融商品についての重要事項をご説明します。

国内株式(信用取引を含みます)
  • 価格変動リスク
    株価の変動により投資元本を割り込むことがあります。
  • 信用リスク
    発行会社の経営、財務状況の変化、及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
  • その他リスク
    信用取引(制度信用取引)には弁済の期限がありますので、ご注意ください。
株価指数連動型上場投資信託受益証券(ETF)
  • 価格変動リスク
    ETFは、原則として全資産を株式で運用することになりますので、組み入れた株式の値動き等により基準価格が変動し、これにより投資元本を割り込むことがあります。また、市場で取引されることから、国内株式と同様の価格変動リスクがあります。
    元本及び分配金が保証されているわけではありません。
  • 信用リスク
    組み入れた株式の発行者の経営、財務状況の変化、及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
  • その他リスク
    ETFは、株価指数(日経平均、TOPIX等)に連動することを目的に運用されている投資信託ですが、基準価格は対象とする株価指数と完全に一致するものではありません。又、市場の急変時等には、対象とする株価指数に連動する運用が困難になる場合があります。
    ETFの取引価格は、市場の需給等を反映して変動しますので、取引価格と基準価額は必ずしも一致するものではありません。
上場投資証券(ETN)
  • 信用リスク
    ETNはETFと異なり裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する又は無価値となる可能性がありますので、こうした発行体の信用リスクについては十分に留意する必要があります。
  • 価格変動リスク

    ・対象指標の変動
    ETNの連動対象である株価指数等は、様々な経済情勢等の影響を受けて価値が下落する可能性があります。これにより、ETNの価格が下落し、投資元本を割り込む可能性があります。

    ・市場価格との乖離
    ETNは、発行体の金融機関が対象指標とETNの一証券あたりの償還価額(ETFの基準価額に相当)が連動するよう保証しており、運用に掛かる手数料分を除き、トラッキングエラーは発生しません。
    しかし、市場での取引においては、ETNの市場価格は需給状況によって変動するため、ETNの一証券あたりの償還価額とETNの市場価格の値動きが一致しない場合もありますので、取引にあたっては十分ご留意ください。

  • 流動性リスク
    ETNの取引量や、注文量が少ない場合には、株価指数等の市場実勢から見込まれる価格で売買ができないことがあります。
  • その他のリスク
    上場対象は、JDR(有価証券信託受益証券)ですが、その信託財産となるETNは海外発行される証券であるため、為替の変動により損失を受けることがあります。また、発行国・地域における政治・経済情勢の変動、税制等諸制度の変更、天変地異等による償還価額の変動により、投資元本を割り込み、損失(元本損失)が生じるおそれがあります。
    取引所が定める上場廃止基準に該当して、上場廃止になることがあります。
    信託の継続が困難であると信託受託者が判断した場合、信託を終了する可能性があります。
不動産投資信託受益証券(REIT)
  • 価格変動リスク
    REITの価格及び分配金は、不動産市況の見込みや、組み入れた不動産の価格変動、当該不動産から生じる賃料収入等の変動、及び自然災害等の偶発事象による当該不動産の毀損・損失・劣化等、様々な要因により影響を受け、これにより投資元本を割り込むことがあります。また、市場で取引されることから、国内株式と同様の価格変動リスクがあります。
    REITの分配金は、過去の分配金の水準で継続して支払われることを保証するものではありません。
  • 信用リスク
    発行会社の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割込むことがあります。
  • その他リスク
    関連する税法の運用、又は将来的な変更により、当初予定していた経済効果が得られない場合があります。
    法制度(税制、建築規制等)の変更により、REITに組み入れた不動産の価値が影響を受ける場合があります。
ベンチャーファンド
  • 価格変動リスク
    ベンチャーファンドは、元本および分配金等が保証されている商品ではありません。ベンチャーファンドの純資産額は、保有する株式の値動きや銘柄入れ替え等により大きく変動する可能性があります。
  • 信用リスク
    未公開企業については、一般的に上場企業と比較して財務状況等が脆弱であり、未公開企業に投資するベンチャーファンドは、上場株券のみに投資するファンドに比べて大きなリスクを有しています。
  • その他リスク
    ベンチャーファンドの市場価格は市場の需給等を反映して変動するので、必ずしも市場価格とベンチャーファンドの一口当たり純資産額は一致しません。
株価指数先物取引
  • 価格変動リスク
    株価指数先物の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下し、これにより投資元本を割り込むことがあります。また、投資金額全額を超える損失が発生する可能性があります。
株価指数オプション取引
  • 価格変動リスク
    株価指数オプションの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下し、これにより投資元本を割り込むことがあります。また、投資金額全額を超える損失が発生する可能性があります。
  • 権利を行使することができる期間の制限
    オプションを行使できる期間には制限がありますので、ご注意ください。

株式取引をご利用の場合

1.確認画面省略のご利用について
注文入力パネルの下方にある「確認画面省略」のチェックボックスにチェックを入れた場合、注文確認画面の表示が行われることなく発注がなされます。
この機能を利用される際には、注文内容の入力について特に注意していただくとともに、お客様の自己責任によりご利用くださいますようお願い致します。
2.マウスホイール及びスピンボタンのご利用について
「取引数量」及び「成行/指値」の入力ボックスを選択している場合、マウスホイールを上下することにより、株数・価格の増減を行うことが出来ます。
また、「取引数量」及び「成行/指値」の各入力ボックスの右側にあるスピンボタンを一定時間に押し続けた場合、自動的に株数・価格の増減を行うことが出来ます。これらの機能を利用される場合は十分に注意されるとともに、実際の注文の際には、再度注文内容をご確認くださいますようお願い致します(特に注文確画面を省略されている場合はご注意ください)。

先物・オプション取引をご利用の場合

1.確認画面省略のご利用について
注文入力パネルの下方にある「確認画面省略」のチェックボックスにチェックを入れた場合、注文確認画面の表示が行われることなく発注がなされます。
この機能を利用される際には、注文内容の入力について特に注意していただくとともに、お客様の自己責任によりご利用くださいますようお願い致します。
2.マウスホイール及びスピンボタンのご利用について
「取引数量」及び「成行/指値」の入力ボックスを選択している場合、マウスホイールを上下することにより、枚数・価格の増減を行うことが出来ます。
また、「取引数量」及び「成行/指値」の各入力ボックスの右側にあるスピンボタンを一定時間に押し続けた場合、自動的に枚数・価格の増減を行うことが出来ます。
これらの機能を利用される場合は十分に注意されるとともに、実際の注文の際には、再度注文内容をご確認くださいますようお願い致します(特に注文確画面を省略されている場合はご注意ください)。

ページトップへ