米国30

米国30とは

  • 公益と不動産を除く業種から、米国を代表する30銘柄の株価で構成された指数を参照したCFD銘柄になります。
  • 株式市場を牽引する巨大IT企業で採用されているのはアップルとマイクロソフトです。
  • 1928年から30銘柄になっていますが、算出開始当時の銘柄は既にありません。ただ、企業自体の歴史を重んじるため、頻繁な入れ替えがなく、値動きは安定しています。

価格変動の要因

上昇要因

  • 金利との関係が強く、金利が下がるようであれば株価が上がりやすくなります。
  • 人口の増加が米国30の上昇に繋がります。人口が増加すると労働力が増えると共に消費も拡大し、企業利益の拡大に直結するため、経済は上向くと考えられます。
  • 米国大統領選挙の年は、アノマリーとして米国30が上昇する傾向になります。

下落要因

  • CPI(消費者物価指数)の上昇が根強いインフレ圧力を示すことで、高い政策金利が維持され、景気悪化への懸念から株価が下落する要因となります。
  • 中央銀行の利上げ観測があると、借り入れ負担の増加を受けた企業は設備投資を控えるようになり、株価下落の要因になります。
  • ロシアのウクライナ侵攻などの地政学リスクが高まる場合、リスク回避の動きとしてリスク資産である株価は下がる傾向にあります。

他のCFD銘柄との連動性

米国S500との相関性が高い

浮き沈みの大きい、金融、ITなどの銘柄があまり含まれていないため、安定した値動きが特徴であることから、米国S500との相関性が高く、良くも悪くも米国経済の好不調や景気動向が連動しています。

イギリス100とも相関性がある

金利との関係の強い銘柄である米国30とイギリス100との相関は高く、利上げ時期、利下げ時期が近いと相関性はさらに上がります。

FXとの連動性

ユーロ/米ドルとの相関性がある

ユーロ/米ドルは、ドルキャリートレード、円キャリートレードとの関係性が深く、自然と米国30との関係性が高くなります。ユーロ/米ドルの上昇は米国30の上昇、下落はその逆となります。

NZドル/円と緩やかな相関関係にある

NZドル/円と日本225、米国30の相関性は緩やかに連動しており、NZドルがソフトコモディティ通貨であることが関係していると考えられます。

参照原資産/取引所

NYダウ先物/CME

スマートフォンアプリ

  • QRコード
    AppStoreからダウンロード
  • QRコード
    GooglePlayで手に入れよう
GMOクリック CFD
AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう

CFD取引に関するご注意

CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。証券CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは各建玉の対価の額の10%、その他指数CFDは各建玉の対価の額の20%、商品CFDは5%、株式CFDは20%、上場投資信託を原資産とするCFDは株価指数に連動するものは10%、その他のものは20%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。