米国NQ100

米国NQ100とは

  • 金融セクターのエクスポージャーがないため、実体経済の混乱による金融市場の下落リスクの影響が比較的低い指数株価指数(NASDAQ)を参照したCFD銘柄になります。
  • 石油・ガスセクターのエクスポージャーもないため、エネルギー市場の混乱の影響も低い点が特徴です。
  • 組み入れ上位は、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット(グーグルの親会社)、メタ=旧フェイスブック、テスラ、エヌビディアなど

価格変動の要因

上昇要因

  • AI(人工知能)やメタバース(仮想空間)といったテクノロジーの進化によって、成長を続けている米国企業の好意的な報道などがハイテク株を支える要因となります。
  • 個人消費の好調に伴う継続的な経済成長が株価上昇に繋がります。
  • 米国大統領選挙の年は、アノマリーとしてNQ100が上昇する傾向になります。

下落要因

  • 成長企業銘柄で構成されているため、企業が将来の業績見通し(ガイダンス)を引き下げると下落要因となります。
  • 投資家が特定のセクターから別のセクターに資金を移動するセクターローテーションがあると、NASDAQのハイテク株が売られることがあります
  • GAFAMの構成比率が高く、組み入れ上位企業の決算次第では大きな下落要因となります。

他のCFD銘柄との連動性

米国S500との相関性が高い

GAFAMの構成比率は、米国S500の方は合計して23.2%に対して、米国NQ100の方は合計して36.1%になっており、大型株決算の時期には連動性が崩れることがありますが、総じて相関性が高い関係にあります。

上海A50と緩やかな相関性がある

上海A50は、歴史は浅いものの主に成長中のベンチャー企業が多く上場しており、中国版NASDAQと呼ばれており、組み入れ構成からも緩やかな相関性があります。

FXとの連動性

米ドル/円と緩やかな相関関係がある

NASDAQに上場している多くの企業は米国企業であり、そのパフォーマンスが米ドルに影響を与えます。特に、テクノロジー企業の好調が米ドルの需要を押し上げるため、NASDAQの上昇が米ドルの強さを示す場合、米ドル/円のレートも上昇する傾向があります。

AUD/USDと緩やかな相関がある

米国NQ100はリスク資産として見なされるため、投資家のリスクオン、リスクオフの動きに非常に敏感です。為替の通貨だと、エマージング通貨以外のリスク資産通貨は豪ドルとなるため、同じリスク資産として緩やかな相関関係があります。

参照原資産/取引所

E-mini NASDAQ100先物/CME

スマートフォンアプリ

  • QRコード
    AppStoreからダウンロード
  • QRコード
    GooglePlayで手に入れよう
GMOクリック CFD
AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう

CFD取引に関するご注意

CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。証券CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは各建玉の対価の額の10%、その他指数CFDは各建玉の対価の額の20%、商品CFDは5%、株式CFDは20%、上場投資信託を原資産とするCFDは株価指数に連動するものは10%、その他のものは20%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。