天然ガス

天然ガスとは

  • 地下から採掘される可燃性の気体で、主にメタンを含んでいます
  • 都市ガスの主な原料として利用されています
  • 炭素排出量が石油や石炭に比べて少なく、環境に優しいエネルギーとされています
  • 需給バランスの変動により、原油と比べて激しく価格変動する傾向があります

価格変動の要因

上昇要因

  • 猛暑や厳冬によりエアコンの使用が増加し、電力需要が高まると、発電の主要燃料の一つである天然ガスの価格は上昇します。
  • 産出国や海上交通の要衝での地政学リスクが上昇すると、価格上昇につながります。
  • パナマ運河の渋滞や輸送船の不足など、輸送面での供給停滞が価格を押し上げます。

下落要因

  • 冷夏や暖冬によりエアコンの使用量が減少し、電力需要が下がると、価格が低下します。
  • 地政学リスクが後退すると、価格下落につながります。
  • 輸送面での供給停滞が解消されると、価格の下落圧力となります。

他のCFD銘柄との連動性

原油と相関がある

猛暑や厳冬など、エネルギー需要が高まる時期には、天然ガスとWTI原油の価格が共に上昇する傾向があります。

農産物と相関がある

ロシアとウクライナは天然ガスだけでなく小麦やコーンの主要輸出国です。両国の紛争が激化すると、天然ガスと同様にこれらの農産物の価格も高騰する傾向があります。

FXとの連動性

ユーロ/ドルと逆相関

ユーロ圏は天然ガスを輸入に頼っており、天然ガスの価格上昇が経済活動を抑制することが多いため、ユーロ/ドルは下落する傾向があります。

豪ドル/円と相関がある

天然ガス価格の上昇は、主要な天然ガス輸出国であるオーストラリアの経済にとってプラスに働くことから、豪ドル/円は上昇する傾向があります。

参照原資産/取引所

天然ガス先物/CME

スマートフォンアプリ

  • QRコード
    AppStoreからダウンロード
  • QRコード
    GooglePlayで手に入れよう
GMOクリック CFD
AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう

CFD取引に関するご注意

CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。証券CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは各建玉の対価の額の10%、その他指数CFDは各建玉の対価の額の20%、商品CFDは5%、株式CFDは20%、上場投資信託を原資産とするCFDは株価指数に連動するものは10%、その他のものは20%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。