お客様へのお知らせ

2007年08月17日

【重要】証拠金料率変更のお知らせ

平素よりGMOインターネット証券をご利用いただき誠にありがとう御座います。

米国サブプライムローン問題が深刻化し、市場は信用の収縮や流動性の低下に対する警戒感が強くなっております。これら環境下におきましては、市場変動率が上昇しロスカットを誘発する危険が御座います。また、変動の速度によっては、ロスカット発動時にお預かり頂いた証拠金額を上回る損失が生じる恐れがあります。

当社ではこれまで必要証拠金額を取引金額の1%に、また必要証拠金額の50%を維持証拠金額とし、時価評価総額が維持証拠金額を下回った場合ロスカットの発動とさせていただいておりましたが、外国為替証拠金取引約款第7条(5)に基づき維持証拠金額を下記の通り変更させていただきます。

【変更日時】
平成19年8月17日 22:00

【変更前】
維持証拠金額は必要証拠金額の50%
自動ロスカット通知 50%
ロスカットアラート 70%

【変更後】
維持証拠金額は必要証拠金額の70%
自動ロスカット通知 70%
ロスカットアラート 85%

※変更後のご注意

維持証拠金率の変更前に維持証拠金率が70%以下のお口座は、変更と同時にロスカットの対象となります。維持証拠金率の変更後は、新規建玉を行なってからロスカットが発動されるまでの値幅が縮小されることを意味します。資産保全性の向上を実現する一方でロスカットの頻度も増大し、ロスカット発動の際にはロスカット手数料を徴収いたします。お客様に置かれましては、逆指値注文等をご利用の上リスクコントロールに努めて頂きます様お願い申し上げます。


また、インターバンク市場ならびに当社のカバー先金融機関において信用収縮の懸念が増大し、当社と当社のカバー先金融機関における証拠金料率等の取引条件が変更された場合においては、当社とお客様の証拠金率に付きましても変更させていただく場合があります。予めご理解のほどお願い申し上げます。

今後とも、GMOインターネット証券をご愛顧賜わりますようお願い申し上げます。

ページトップへ