お客様へのお知らせ

2011年05月23日

外為オプション取引 レンジアウト方式変更のお知らせ

外為オプション取引は、購入受付締切時間に設定される「STARTレート」と、購入受付締切時間の15分後に設定される「ENDレート」を比較し、一定のレンジ内で「円高か円安」どちらになるかを予想する金融商品です。

2011年5月30日(月)より、お客様から寄せられたご意見・ご要望にお応えし、外為オプション取引の外側レンジアウト方式を廃止し、内側レンジアウト方式を採用いたします。

今回の変更により、指標発表時などで大きく為替が変動すると予想される場合でも、外側でレンジアウトとならなくなるため、エントリーしやすくなります。

<外為オプション取引 レンジアウト方式変更>

■変更日

2011年5月30日(月)の取引より

■変更内容

[変更前]

外側レンジアウト方式を採用

[変更後]

内側レンジアウト方式を採用

※お取引にあたっては、レンジ方式の変更を十分にご理解いただき、外為オプション取引ルールをご確認ください。

▼外為オプション取引ルール

https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/rule/

今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ