ホーム > サービスガイド > マイナンバーについて

マイナンバーについて

マイナンバーとは?

ひとりに一つマイナンバー!

住民票を有する全ての方に、1人1つのマイナンバー(12桁の数字)が市区町村長から通知されます。
社会保障・税・災害対策の分野で個人情報とマイナンバーを紐づけ、複数の機関で管理する個人情報の同一者確認や情報管理の効率化に活用されます。
証券会社でも税務署に提出する各種支払調書等に利用するため、マイナンバーを通知していただく必要があります。

  • 法人には1法人ひとつ、13桁からなる法人番号が付与されます。

今後のスケジュールと対応について

市区町村からマイナンバーが“すべてのお客様”に簡易書留で通知されます

住民票に登録されているすべての方を対象に、市区町村からマイナンバーが通知されます。住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、お住まいの市区町村へ住民票の移動が必要です。

  • 法人の場合は、書面により国税庁長官から通知される予定です。

~当社にまだ口座をお持ちでないお客様が対象~新規口座開設時にマイナンバーの通知が必要です

2016年1月以降、当社で新規口座開設をする場合はマイナンバー(または法人番号)の通知が必要になります。

~2015年時点で口座を開設済みのお客様~当社にマイナンバーの通知が必要です

2015年時点で当社に口座を開設されているお客様は、2018年末までに当社へマイナンバー(または法人番号)の通知を行っていただく必要があります。

当社にマイナンバー登録する必要があるケース

開設する口座や手続きの種類によっては、マイナンバーのご提出が必要なケースがありますのでご確認ください。

証券取引口座の場合
口座、手続きの種類 追加で口座を開設する場合

信用 先物・オプション FXネオ 外為オプション
くりっく365 CFD 外債(外国債券)

追加で口座開設する場合
・特定口座の開設
・NISA口座(開設、金融機関変更)
・属性変更(氏名、住所)
2015年12月31日までに証券取引口座開設済みのお客様 不要※1 必要※3 必要
2016年1月1日以降に証券取引口座開設されるお客様 不要※2 不要※3 必要
FX専用取引口座の場合
口座、手続きの種類 追加で口座を開設する場合

外為オプション

・追加で口座を開設する場合
株式 信用 先物・オプション
CFD 外債(外国債券)
・特定口座の開設
・NISA口座(開設、金融機関変更)
・属性変更(氏名、住所)
・届出事項変更(法人名称、住所)
2015年12月31日までにFX専用取引口座開設済みのお客様 不要※1 必要※3 必要
2016年1月1日以降にFX専用取引口座開設されるお客様 不要※2 不要※3 必要
  • ※12015年12月末までに口座開設済みのお客様で、2016年1月以降に上記手続きをされない方も2018年12月末までに、マイナンバーを通知していただく必要がございます。
  • ※2証券取引口座開設または、FX専用取引口座開設時にマイナンバーをご提出いただいてることが必要です。
  • ※3既にマイナンバーを提出している場合、再度マイナンバーを提出いただく必要はございません。

マイナンバーのご提出パターンのご案内(個人のお客様)

マイナンバーには、市区町村から住民票のある住所へ届く『通知カード』と、市区町村へ申請して受け取る顔写真付きの『個人番号カード』、『住民票の写し(マイナンバー付き)』の3種類があります。お持ちのマイナンバーの種類に合わせて、下記1~3のいずれかの書類を提出してください。
アップロードによるご提出の場合は、マイナンバーのみのご提出で受付可能です。

1マイナンバー + 本人確認書類(顔写真あり)

以下の書類でマイナンバー確認と本人確認をおこないます。

日本国籍の方

外国籍の方

  • 顔写真ありのマイナンバー(個人番号カード)をご提出される場合は、本人確認書類をご提出いただく必要はありません。

2マイナンバー + 本人確認書類(顔写真なし)

以下の書類でマイナンバー確認と本人確認をおこないます。

日本国籍の方

  • 顔写真ありのマイナンバー(個人番号カード)をご提出される場合は、本人確認書類をご提出いただく必要はありません。
  • マイナンバーとして住民票の写し(6ヶ月以内、マイナンバー付き)をご提出いただく場合は、本人確認書類として住民票の写し以外の書類を1点ご提出ください。
  • 外国籍の方は本人確認書類として、住民票の写し+その他の本人確認書類1点をご提出ください。

3マイナンバーが『個人番号カード』の場合

個人番号カード1枚のみで本人確認とマイナンバー確認が完了します。

日本国籍の方、外国籍の方

<マイナンバーご提出時の注意事項>
GMOクリック証券に到着した時点で現住所が記載されている有効期限内の書類のみご利用いただけます。
画像、コピーの一部が欠けていたり、当社で不鮮明と判断した場合は、再送(郵送を含む)をお願いすることがあります。
裏面に記載があるものは、裏面もご提出ください。通知カードおよび個人番号カードは両面をご提出ください。
送付いただいたマイナンバーの記載がある書類につきましては、各種お手続きに不備があった場合、情報漏洩防止の面から返却はせず、当社にて速やかに破棄させていただきますのでご了承ください。

法人番号ご提出パターンのご案内(法人のお客様)

法人番号指定通知書が発行日から6カ月以内か、6カ月を超えているかによってご提出パターンが異なりますのでご注意ください。

1法人番号指定通知書が発行日から6カ月以内の場合

2法人番号指定通知書が発行日から6カ月の場合

<法人番号ご提出時の注意事項>
GMOクリック証券に到着した時点で現住所が記載されている有効期限内の書類のみご利用いただけます。
当社で不鮮明と判断した場合は、再送(郵送を含む)をお願いすることがあります。
送付いただいた法人番号の記載がある書類につきましては、各種お手続きに不備があった場合、書類の返却はせず、当社にて速やかに破棄させていただきますのでご了承ください。

当社で2015年12月31日までに口座開設済みのお客様

WEBアップロード、メール、郵送の3つからお選びいただけます。

会員ページログイン後の【マイページ】-【トップページ】「口座開設状況」の「マイナンバーのご提出」画面より詳細をご確認ください。

当社で登録完了後、会員ページログイン後の【マイページ】-「○○ ○○ 様へのお知らせ」のメッセージでご連絡いたします。

  • 法人のお客様につきましては、郵送のみの受付となります。GMOクリック証券から返信用封筒を送付するご用意もございます。ご希望の場合はコールセンターまでご連絡ください。
  • 2016年1月2日(土)メンテナンス後より、マイナンバー・本人確認書類の提出画面をご利用いただけます。

【マイページトップ画面】

マイページトップ画面

【マイナンバーのご提出画面】

マイナンバーのご提出画面

ご参考

▽個人のお客様
マイナンバー制度のポイント(政府広報オンラインページが開きます)

http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/point/

▽法人のお客様
(8)法人番号に関する質問(内閣官房オンラインページが開きます)

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq8.html

注意事項

本内容は2015年8月現在の情報に基づき作成しておりますが、法令・制度等の改正により、変更または廃止される可能性があります。

マイナンバーに関するよくあるご質問

マイナンバーとは、どのようなものですか?
住民票を有する全ての方に通知される12桁の番号です。
社会保障・税・災害対策の分野で個人情報とマイナンバーを紐づけ、複数の機関で管理する個人情報の同一者確認や情報管理の効率化に活用されます。
マイナンバーはいつからどのように利用するのですか?
2016年1月以降に社会保障、税、災害対策の分野で行政機関などに提出する書類にマイナンバーを記載することが必要になります。マイナンバーを提供する具体的な提供先機関は、税務署、地方公共団体、勤務先、金融機関、年金・医療保険者、ハローワークなどが考えられます。
証券会社でも税務署に提出する各種支払調書等に利用するため、マイナンバーを通知していただく必要があります。
通知カードと個人番号カードのどう違うのですか?
通知カードは、2015年10月より交付されるマイナンバーを通知するためのカードです。
個人番号カードは、表面に氏名、住所、生年月日、性別が記載されているほか、顔写真が載っており、身分証明書として使用できます。また、裏面にはマイナンバーが記載されています。
個人番号カードはどのように取得できますか?
個人番号カードは、通知カードとともに送付される申請書を郵送するなどして、平成28年1月以降、交付を受けることができます。個人番号カードの交付を受けるときは、通知カードを市区町村に返納しなければなりません。
  • GMOクリック証券なら、すべてのサービスがひとつのID・パスワードでご利用いただけます。
  • 今すぐ口座開設

ページの先頭へ