お客様へのお知らせ

2011年07月08日

株式取引、FXネオ取引、CFD取引等 税制改正について

2011年度租税特別措置法案が成立し、下記の通り変更されますのでご案内いたします。

<店頭デリバティブ取引 総合課税から申告分離課税への変更について>
2012年1月1日以降に行われる店頭FX・店頭CFD等の店頭デリバティブ取引に係る税制が、取引所取引と一本化され、20%(所得税15%・住民税5%)申告分離課税となります。
※当社の「FXネオ取引」「CFD取引」「外為オプション取引」は店頭取引です。

■変更内容

[改正前]
取引所取引(くりっく365)           :申告分離課税(雑所得)
店頭取引(FXネオ、CFD、外為オプション) :総合課税(雑所得)

[改正後]
取引所取引(くりっく365)            :申告分離課税(雑所得)
店頭取引(FXネオ、CFD、外為オプション) :申告分離課税(雑所得)

※「損失額の3年間の繰越控除」が可能となります。


<証券優遇税制の延長について>
上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に対する課税の特例(配当所得及び譲渡所得等に係る10%の軽減税率)が2013年12月まで延長となります。

■変更内容
特例の適用期間
[改正前]
2011年12月31日まで10%(所得税7%、住民税3%)

[改正後]
2013年12月31日まで10%(所得税7%、住民税3%)


財務省HP 第177回国会における財務省関連法律
http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/177diet/index.htm


今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ