お客様へのお知らせ

2014年10月22日

株式取引 TOPIX100構成銘柄の入れ替えについて

2014年10月31日(金)以降のTOPIX100構成銘柄の入れ替えに伴い、以下の銘柄の呼値単位が変更となります。あらかじめご確認をお願いいたします。

■対象銘柄

<新たに細かい呼値の単位が適用される銘柄(TOPIXに追加)>

コード 銘柄名
4755 楽天
7261 マツダ

<細かい呼値の単位が適用されなくなる銘柄(TOPIXから除外)>

コード 銘柄名
5201 旭硝子
7731 ニコン

■実施日

2014年10月31日(金)以降

▽ご参考

東京証券取引所
10月31日以降の呼値の単位の取扱いについて
http://www.tse.or.jp/news/20/141007_b.html

■TOPIX100 構成銘柄入れ替え時の期間指定注文について

<新たに組み入れられた場合>
期間指定の有効な指値注文は継続して発注されます。
縮小後の呼値単位で指値を変更する場合は、注文を取り消し後、新たに発注し直してください。

<除外された場合>
期間指定の有効な指値注文が変更後の呼値単位から外れる場合、当該注文は失効となります。
(指値が変更後の呼値単位にも該当する注文は、継続して発注されます)
失効となった場合は、注文履歴において「失効」、失効理由に「無効な呼値」と表示されます。
(スマートフォンアプリ(iClick株、株roid)の場合は「呼値無」と表示されます。)

▽株式取引 TOPIX100構成銘柄の呼値単位縮小について

https://www.click-sec.com/corp/news/info/20140709-01/

今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜わりますようお願い申し上げます。

ページトップへ