ホーム > ニュース > お知らせ > FXネオ取引 法人のお客様における必要証拠金率の変更について

お知らせ

2016年11月30日

FXネオ取引 法人のお客様における必要証拠金率の変更について

2016年6月14日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」により、2017年2月27日以降、法人のお客様による店頭FX取引において、一定の証拠金をお預かりすることが義務付けられます。
また、証拠金率(証拠金が取引金額に占める割合)は一律固定ではなく、過去の相場変動に基づいて変動するようになります。

詳細は、こちらの資料をご確認ください。

▽金融庁 「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等の公表について
http://www.fsa.go.jp/news/27/syouken/20160406-1.html

▽金融先物取引業協会 店頭法人FX取引に係る証拠金規制
http://www.ffaj.or.jp/regulation/03_2.html


つきましては、2017年2月25日(土)のメンテナンス後より、FXネオ取引ルール(法人のお客様)の変更を行います。

▼必要証拠金
[変更前]
取引金額の1%に相当する日本円(レバレッジ最大100倍)

[変更後(予定)]
過去の相場変動データにより必要証拠金率を決定します。
※必要証拠金率は毎週変動します。
※必要証拠金率は通貨ペアによって異なります。
※原則として、必要証拠金額は取引金額の1%を上回るようになります。

変更後は証拠金維持率が下がりますので、建玉管理は十分にご注意ください。
変更後のFXネオ取引ルール(法人のお客様)および店頭外国為替証拠金取引説明書(契約締結前交付書面・注意喚起文書)は、2017年1月下旬を目途に改めてご案内させていただきます。
※個人のお客様の必要証拠金率に変更はございません。

今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ