はじめての投資信託

はじめての投資信託

  • 投資信託とは?
  • 基準価額とは?
  • 費用まるわかり
  • 投資信託の税金

基準価額とは?投資信託の値段の決まり方

1日1回決定

投資信託の値段のことを「基準価額」と呼びます。
基準価額は投資信託を買付・解約する際の基準となる値段で、1日1回更新されています。
投資信託は株式や債券など日々値動きのある資産に投資するので、投資資産の価格変動の影響で基準価額も変わります。
また、海外の資産に投資している場合は、日々の為替の変動にも影響されます。

基準価額の算出について

基準価額

基準価額は、ファンドの資産合計(純資産総額)を保有する口数(受益権総口数)の合計で割ったものが基準価額になります。
通常、基準価額は1万口あたりの価格で表示されます。

基準価額はいつきまるの?

基準価額は、投資する有価証券などの価格変動分や運用に必要な費用などを反映し、決定されるため、
市場の取引終了後(夕方以降)に決定します。

また、お客様が実際に売買する際、ファンドの基準価額はお客様の注文申込後に決定します。
売買する基準価額をあらかじめ確認することはできません。

基準価額と分配金

分配金はファンドの決算の際に、運用して得た利益などから投資家の保有口数に応じて支払われます。
決算日はファンドにより異なっており、年1回、年2回、毎月などがあります。

分配金の原資となるのは、主に投資信託が投資している資産から得られる配当や利子収入、売買益です。
預貯金の利息とは異なり、運用状況によって分配金の金額は変わる場合があります。
投資信託の分配方針はあらかじめ目論見書などで決められており、運用収益があっても分配金を支払わない方針の投資信託もあります。

投資信託の分配金:ファンドの運用状況に応じて分配金が支払われる | 預貯金の利息:元金に対して同じ利率で支払われる

  • 投資信託とは?
  • 基準価額とは?
  • 費用まるわかり
  • 投資信託の税金
まだ当社口座をお持ちでないお客様
今すぐ口座開設
証券取引口座、FX専用口座をお持ちのお客様

ページトップへ