ホーム > ニュース > お知らせ > 【再掲】東証arrowheadのリニューアルに伴う変更および取引ツールのバージョンアップについて

お知らせ

2015年09月15日

【再掲】東証arrowheadのリニューアルに伴う変更および取引ツールのバージョンアップについて

2015年9月24日(木)に、東京証券取引所の次世代売買システム「arrowhead」がリニューアルされます。 これに伴い、TOPIX100構成銘柄の呼値単位の変更および気配値表示本数の変更等が行われます。

<主な変更内容>

・TOPIX100構成銘柄の呼値単位の変更 ・株式の気配値表示本数の変更等

<TOPIX100構成銘柄の呼値単位の変更>

下記のとおり呼値単位の変更が行われます。

1株あたりの株価 呼値の単位
変更前 変更後
1,000円以下 0.1円 0.1円
1,000円超~3,000円以下 0.5円 0.5円
3,000円超~5,000円以下 0.5円 1円
5,000円超~10,000円以下 1円 1円
10,000円超~30,000円以下 5円 5円
30,000円超~50,000円以下 5円 10円
50,000円超~100,000円以下 10円 10円
100,000円超~300,000円以下 50円 50円
300,000円超~500,000円以下 50円 100円
500,000円超~1,000,000円以下 100円 100円
1,000,000円超~3,000,000円以下 500円 500円
3,000,000円超~5,000,000円以下 500円 1,000円
5,000,000円超~10,000,000円以下 1,000円 1,000円
10,000,000円超~30,000,000円以下 5,000円 5,000円
30,000,000円超~50,000,000円以下 5,000円 10,000円
50,000,000円超 10,000円 10,000円

※制限値幅の下限は1円です。そのため、1円未満の価格帯の場合は発注できません。

呼値の単位の適正化フェーズⅢの対応内容(PDF)

arrowhead のリニューアル時における売買制度の見直しについて(PDF)

■期間指定注文について 期間指定の有効な指値注文は継続して発注されます。 変更後の呼値単位で指値を変更する場合は、注文を取り消し後、新たに発注し直してください。

<株式の気配値表示本数の変更等> すべての株式取引ツールにおいて、気配値表示本数が上下8本から上下10本に変更されます。また、PC会員ページ・レーザートレード・スーパーはっちゅう君において、現在値・気配値記号の追加が行われます。 各取引ツールの変更内容やダウンロード開始日時などの詳細につきましては、あらためてご案内いたします。 ※PC会員ページは、2015年9月19日(土)メンテナンス終了後よりご利用いただけるようになります。

■バージョンアップ対象取引ツール

今後とも、GMOクリック証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ