> > > 損失拡大を防ぐロスカット機能

損失拡大を防ぐロスカット機能

ロスカットって?

FX取引には、証拠金に対して損失が一定の割合を上回ったとき、さらなる損失を防ぐため強制的に決済を行う「ロスカット」という機能があります。
ロスカットは、元手の資金を上回る損失がでないようにするための仕組みです。

  • ロスカットが発動しても、証拠金以上の損失がでてしまうこともあります。

ロスカットの仕組み

取引による損失が一定の割合(当社では必要証拠金の50%)を上回った場合に自動で全建玉の決済がされます。

ロスカットされないためには、逆指値注文を活用してリスクをコントロールするのもポイントだよ!

  • ロスカット注文は、注文した価格と約定した価格との間に差(スリッページ)が生じることがあります。

ページの先頭へ