> > > 少ない資金で取引OKな理由(レバレッジとは?)

少ない資金で取引OKな理由(レバレッジとは?)

レバレッジって?どんなメリットがあるの?

レバレッジとは、少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能にするしくみのことです。
手元の資金に対してどのくらい大きな取引をするかは、お客様ご自身で決めることができます。

小額の資金で取引ができるんだね!では10,000ドル(1ドル=100円)の取引をする場合の仕組みを見てみよう!

FXでは口座に入金した資金のことを「証拠金」と呼びます。証拠金と実際に通貨を買う(売る)金額との割合により、レバレッジの倍率は変わります。
当社では最大で25倍の額の取引が可能です。(「レバレッジ25倍」と表現します。)

証拠金の額によって、変動するレバレッジ

預け入れる証拠金を10万円、20万円、50万円用意し、買いポジションをもった場合、レバレッジがどのように変わるのか見てみましょう。

  • 米ドル/円取引で、1ドル=100円の場合

FX取引をこれから始める方は、低レバレッジのお取引がおススメです。

証拠金 レバレッジ 取引可能額 1ドル101円になった場合の評価損益
10万円 10倍 1万ドル(100万円相当) 10,000円
20倍 2万ドル(200万円相当) 20,000円
20万円 5倍 1万ドル(100万円相当) 10,000円
10倍 2万ドル(200万円相当) 20,000円
25倍 5万ドル(500万円相当) 50,000円
50万円 2倍 1万ドル(100万円相当) 10,000円
10倍 5万ドル(500万円相当) 50,000円
20倍 10万ドル(1,000万円相当) 100,000円

レバレッジのデメリットは?

少ない元手で大きな金額の取引ができる半面、為替レートが予想に反して変動した場合、大きな損失が発生する危険があります。
レバレッジが大きな状態で損がでると、手元の資金(証拠金)が減少し、追加証拠金の発生やロスカット(自動で行われる反対売買)になるリスクも大きくなります。

ページの先頭へ