> > > > GMOクリック証券の『金スポット』CFD

GMOクリック証券の『金スポット』CFD

GMOクリック証券の金スポットは、外国為替取引のように、ほぼ24時間、相対取引が行われているロコ・ロンドン・スポット市場の金価格を参照原資産とするCFDです。


金の特長は??

金はインフレ対策の代替手段として、投資対象としてはかなり古くから利用されている商品です。他の商品に比べて保管が容易で、かつ保管コストが抑えられることから主に現物市場で発展してきました。金は加工性に優れており、古くから、貨幣を始め、宝飾品としても用いられるほか、近代では電子部品等の工業品としても大きな役割を果たしています。


金スポット

金スポットの取引単位は金1トロイオンス当たりのドル価格表示となっており、ロコ・ロンドン・スポット市場の取引参加者は主に世界中の銀行、証券、商社、ヘッジファンド等です。現物の受渡場所をロンドンとしてコスト等を含まない現物受渡価格で取引されており、ある時点での金スポット価格がロンドン貴金属市場協会(LBMA)によって公表され、その価格は様々な金取引の決済価格等に広く利用されています。


世界の金保有高

各国の中央銀行は通貨を補完するものとして、金を保有しています。金はすでに通貨の裏付けとしての機能はありませんが、依然として外貨準備で大きな部分を占めています。近年は世界的に金の買い越しが続いています。特に中国の金保有が大幅に増加しているため、今後の中国の金準備動向に注目が集まっています。

(ブルームバーグのデータを元に当社作成)


金取引の注目ポイント

CFDを取引する上で、CFDの参照原資産価格がどのような要因で変動するのかを把握しておくことは大切です。金の価格に影響を与えるものは数多くありますが、ここでは、特に注目度の高いものを挙げておきます。

需給動向

金の鉱山生産量は直近では年約3,100トン程度で安定的に推移しております。最近では金価格の下落を受け、鉱山会社のヘッジ活動に顕著な動きが見られるほか、金スクラップ回収等のリサイクル動向も供給量に影響を与えています。また、世界中の宝飾品の需要動向や現物拠出型ETFなどに代表される地金貯蔵による流入出も需給に大きく影響を与えています。


インフレや通貨

一般的にインフレだと金価格は上昇しやすく、逆にデフレだと下落しやすい傾向があります。また、通貨の代替資産としての側面が強いことから、基軸通貨であるドルが米国経済のリセッションに伴い下落すると、金に注目が集まり、買われやすくなるという傾向があります。近年では2008年頃のリーマンショックにおける金融危機、信用不安でも、逃避先として金が堅調に推移した経緯があります。


有事の金

一般的に地政学的リスクが高まると、現物保有のニーズが高まり、金などの現物資産が買われやすいという傾向があります。


インドと中国の消費者需要動向

需要のなかでも特にインドと中国の消費者需要動向は金価格に影響を与えています。両国は歴史的にも文化的にも金を好んできた背景があり、婚礼関連や祝祭での金宝飾品需要が特に金価格の変動に影響を与えています。そのため、景気動向が消費者センチメントを左右することから、両国の経済成長は注目する必要があります。


GMOクリック証券「金スポット(CFD)」のメリット

  GMOクリック証券
金スポット(CFD)
国内ネット証券A社
NY金先物
国内先物A社
東京金先物
取引手数料 無料 約757円 約8,100円
単位 トロイオンス トロイオンス グラム
最低必要証拠金 約6,700円 約772,000円 約96,000円
取引単位 CFD価格の1倍 先物価格の100倍 先物価格の1,000倍
レバレッジ 20倍 約17.5倍 約45.1倍

※2016/12/30当社調べ、価格はすべて税込
最低必要証拠金は相場の状況や為替レートにより変動します。


取引手数料:無料

GMOクリック証券のCFDは全て取引手数料無料です。


すべて円で取引できる

金スポット(CFD)の参照原資産はロコ・ロンドン・スポット市場の金価格です。これは米ドルで取引されていますが、GMOクリック証券の金スポットCFDは日本円での取引になります。

※取引画面やチャートには、1トロイオンスあたりの金の価格が米ドルで表示されていますが、取引に必要な証拠金は日本円になります。取引の損益は米ドルで発生しますが、自動で円に転換されます。金スポットCFDを取引するために、お客様ご自身で米ドルを調達したり、利益を円に転換する必要はございません。日本円を入金して取引を行い、日本円で出金していただくことになります。


取引単位:CFD価格の1倍

CFD価格は、1トロイオンスあたりの価格です( 1トロイオンスは31.1035グラム)。
取引画面やチャートには、1トロイオンスあたりの価格が米ドルで表示されており、商品先物に比べ、取引単位が小さいので小口での取引もしやすくなっています。


レバレッジ:20倍

20倍のレバレッジで取引できるので、小額の資金で大きな利益を狙うことができます。大きな利益を狙える半面、損失も大きくなる可能性があるので、適切なリスク管理が求められます。


取引時間

米国標準時間:月曜〜金曜の8:00〜翌6:45
米国夏時間:月曜〜金曜の7:00〜翌5:45

  • CFD取引はGMOクリック証券から。すべてのサービスがひとつのID・パスワードでご利用いただけます。
  • 今すぐ口座開設

  • 本番と同じ取引環境のCFDデモ取引が、PC・モバイルからご利用いただけます。

ページの先頭へ