自分に合った投資戦略は?上級編

外為オプションでは、異なる目標レートでオプションを複数購入することができます。
また、円高と円安(*1)の両方を購入(両建て)することも可能です。
この仕組みを使った取引手法をご紹介します。

(*1)ユーロ/米ドル(EUR/USD)は、ドル高とドル安

ハイリターン 現在のレートから「遠い」目標レートを予測した時に使える戦略

円高か円安どちらかに相場が大きく動くと予測し、現在レートから離れた目標レートを購入します。
片側のみ購入する場合に比べ、利益は減ってしまいますが、それでも十分な利益を狙える可能性があります。

遠い目標レートの円高・円安をそれぞれ1枚購入する

(*2)ペイアウト1,000円 - 購入価格(49円 + 73円) = 878円
(*3)ペイアウト0円 - 購入価格(49円 + 73円) = -122円

現在レートから離れた目標レートだと、プレミアム(オプションの購入に必要な金額)が安いから大きな利益を狙えるね!
けれど予測通りになる確率はかなり低いみたい・・・

リスクヘッジ 現在のレートに「近い」目標レートを予測した時に使える戦略

相場が大きく動かないと予測した場合、少し円安側の目標レート(権利行使価格)で円高オプションを購入し、少し円高側の目標レートで円安オプションを購入します。
こうすることで、片方のみを購入するよりリスクを減らすことができます。

近い目標レートの円高・円安をそれぞれ1枚購入する

(*4)ペイアウト(1,000円 × 2) - 購入価格(690円 + 793円) = 517円
(*5)ペイアウト1,000円 - 購入価格(690円 + 793円) = -483円

予測と違った場合も、片方がヒットするから損失を抑えることができるんだね!
さらに、予測通りだった場合は両方の利益も得られるね!

ページの先頭へ