委託保証金とは

「委託保証金」とは、信用取引を行ううえで、投資家が証券会社に差し入れる担保のことです。
売買する株券の約定価格に対する保証金の割合のことを、「保証金維持率」といいます。通常の銘柄は約定価格の30%以上かつ最低30万円が必要です。その場合、時価100万円の株券を信用取引で売買するのに必要な委託保証金は30万円となります。つまり、現物取引なら100万円がないと売買できない株券が、信用取引なら30万円あれば取引可能なのです。
このように小さな金額で大きな金額の取引を行うことを、「レバレッジ」といい、信用取引は、このレバレッジを効かすことができる、非常に資金効率のいい取引です。なお保証金維持率は30%以上かつ30万円以上で各証券会社がそれぞれ定めており、GMOクリック証券においても30%以上かつ30万円以上と定めております。
なお、当社では建玉や代用有価証券を毎日の時価で日々評価替えをし、その評価差損益を計算することにより、追加保証金(追証)等の必要があるかどうかを判断しています。

(図)信用取引の保証金
GMOクリック証券なら、
すべてのサービスがひとつのID・パスワードでご利用いただけます。
今すぐ口座開設

信用取引口座の開設から、お取引いただくまでの流れをご案内いたします。

信用取引 お取引までの流れ

ページトップへ