一般(無期限)信用取引と制度信用取引

「制度信用取引」とは、売買できる銘柄や、金利、返済期限等が証券取引所の規制により一律に決められた取引のことです。

一方、「一般信用取引」とは、信用返済期日、金利などを投資家と各証券会社との間で自由に決めることができます。
「制度信用取引」は取引所によって認められ銘柄しか取り扱いができないのに対し、「一般信用取引」は各証券会社でお客様にお取引いただける銘柄を自由に選ぶことができます。

GMOクリック証券における制度信用取引と一般信用取引の違い

主な違い
制度信用取引 一般信用取引
買建 売建 買建 売建
対象銘柄 証券取引所が定める銘柄 当社が定める銘柄
返済期限 6ケ月 無期限 短期または無期限
※銘柄ごとに期日が異なりますが、短期の場合は3~15営業日となります。
コストの違い(税込)
制度信用取引 一般信用取引
買建 売建 買建 売建
手数料 手数料プランにより異なります。
金利・貸株料
(年率)
金利
通常:2.75%
VIP :1.90%
貸株料
--
金利
0.00%

貸株料
1.10%
(無期限)
金利
3.00%
貸株料
--
(短期)
金利
0.00%
貸株料
3.85%
(無期限)
金利
0.00%
貸株料
1.45%
逆日歩 受け取る 支払う なし
管理費 1ヶ月の応答日毎に、1株当たり10.8銭(上限:1,080円 下限:108円)
名義書換料 54円/売買単位
※ETFは5.4円/売買単位
なし

※VIPプラン(優遇金利)の詳細については信用取引VIPプランの詳細ページをご確認ください。

GMOクリック証券なら、
すべてのサービスがひとつのID・パスワードでご利用いただけます。
今すぐ口座開設

信用取引口座の開設から、お取引いただくまでの流れをご案内いたします。

信用取引 お取引までの流れ

ページトップへ