信用売りとは

信用取引の大きなメリットは、「下げ相場でも利益を出せる」ことです。
通常の取引(現物取引)では、安く買ってから、値上がりしたところで売ることで利益を出しますが、信用取引では「先に売って、安くなったところで買い戻す」ということも可能です。

信用取引で買建した場合は、「現金」を借りてきて「株券」を買います。信用期日までに借りてきた「現金」を返さなければいけませんので、それまでに決済して現金を作ります。決済したときの金額が、借りた現金を上回っていればその分が利益となります。

一方、信用取引の売りの場合は、「株券」を借りてきて先に売ります。信用期日までに借りてきた「株券」を返さなければいけませんので、それまでに「株券」を買い戻します。売ったときの株価よりも、買い戻したときの株価の方が安ければ、その差額が利益となります。

(図)信用売りとは
GMOクリック証券なら、
すべてのサービスがひとつのID・パスワードでご利用いただけます。
今すぐ口座開設

信用取引口座の開設から、お取引いただくまでの流れをご案内いたします。

信用取引 お取引までの流れ

ページトップへ