仮名取引・借名取引

仮名取引・借名取引

「仮名取引」とは、実際には存在しない人物の名義や他人の名義などを使用して、自身の素性を隠して行う取引をいいます。
「借名取引」とは、家族や友人など自身以外の名義を借りて、名義人になりすまして行う取引をいいます。
このような取引は、脱税やマネーロンダリング、不公正取引に利用されるおそれがあるため固く禁止されています。

【仮借名取引の事例】

  • 架空名義で口座を開設して取引を行う場合
  • 他人の名義を使用して口座を開設し取引を行う場合
  • 親族や友人等の口座における取引の全てを任されて行われている場合
    (口座名義人ご本人様が投資判断を行っていない場合。取引資金が口座名義人様ご本人のものではない場合。)
  • 複数人がひとつの口座を使用して取引を行っている場合 等
  • 口座開設ならびにお取引は、必ずご本人の名義を使用し、ご本人の資金にて、ご本人の意思により行ってください。

ページトップへ